【最新】新人教育の考え方とは?

どうやって教えれば…?
若者とどう接するの?
嫌な印象持たれたくない…

新人指導が苦手な人や初めての教育係で悩んでいる方に必見!仕事の教え方と基本を紹介いたします。基本を身につけて、新人指導をマスターしましょう。

この記事からわかること!

新人教育でやるべき事
逆にやってはいけない事

新人教育の理由

入社したばかりの新入社員は現場でうまくパフォーマンスを発揮できません。できる限り早く戦力になれるように、先輩方が導いていく必要があります。

これに対して、新人教育を行わない企業は戦力にならない人材を抱えた状態で停滞します。

また、新人とのコミュニケーションをとるきっかけでもある新人教育を怠ってしまうと、組織全体の生産性が必ず落ちてしまうでしょう。

新入社員との接し方

新人社員は仕事に関して何も知りません。どうしたらいいのか不安が多い状況です。

そんな不安いっぱいな新人に対して機械的で素っ気ない対応で接してはダメです!

新人社員教育で教育係が初めから終わりまで意識するべき事は新入社員との人間関係の構築です。

あなたは会社の代表として新人社員の教育を受けています。そんなあなたが、その方に対して無愛想で素っ気ない対応をするとどうなるでしょう?

きっとその新人の方は『ここはこういう会社なんだ!』というあなただけではなく、会社のレッテルすら悪い印象を持たれてしまいます!

指導の考え方

指導内容は業務や作業のみではありません。社会人の先輩としてのマナーやエチケットも含めて指導が必要です。

今後、大人として恥ずかしくない様に教育する事で、未来の会社の顔になる得る人材を育て上げる事!

『 教育係のあなたが苦手』『仕事がつらい』など新人は不慣れな事の連続ですから悩む事が多い。

しかし、それを理由に甘やかしたり優しくすることは新人を育てることにはなりません。

お客様との取引の場で、新人だから許されるなんて事はありませんよね?

新人指導にダメな発想

・頭ごなしに否定する
・新人相手に基本を省いて説明
・背中で語るから『見て覚えろ』

こんな教え方では相手も理解しようとしていても充分に伝わらないですし、モチベーションも下がってしまいます

たまにいらっしゃるのですが、『自分が出来るんだから、新人もそれくらい出来るだろう』などという謎理論?を念頭に持つ方は絶対考えなおして下さい!

新人の立場で考えたら非常にやりにくい先輩、上司と見られてしまうでしょう。

手本となる指導手順

① 業務内容を教える
② お手本を見せる
③ 業務を実践させる
④ 評価してあげる
⑤ 修正内容の確認

業務内容を教える

業務内容のみを教える訳ではありません!その業務の役割(意味、理由)を明確にして、新人に説明してあげる事が重要です。理由を新人に伝えて、理解してもらう事で個人の役割や必要性の意識付けが出来ます。

お手本を見せる

実際の業務を見せる事で新人社員は教えられた事を整理する時間や心の準備が出来ます。

あなた本意では無く、新人社員中心で考えてあげて下さい。人によって1度で覚えれる方もいれば、複数回必要な方がいると思います。誰かと比べるのでは無くて、まずは個人を尊重して指導に専念する事がポイント!

業務の実践

新人社員は頭の中で描いたイメージと実際に業務を実践した結果どの様に行動するでしょう?

各々でどうやって行動するかは異なりますが、指導者は口を出さずに新人社員をジッと観察する事が重要です。しかし、怪我をする恐れや致命的なミスに繋がる時は止めてあげて下さい。

まずは、どうすれば良いのか、何が違っていたのかを新人社員自らが考える様にを促してあげると良いですね!

そういった日々の積み重ねが論理的思考に繋がり、自らで業務改善を積極的に行う人材となり得るでしょう。

評価してあげる

新人社員に考えさせる事は重要ですが、任せっきりで放置は絶対ダメです!やらせてみて良い点と悪い点をあなた自身が評価してあげる事で、仕事への意欲向上に繋がっていきます。

褒めるポイント

・具体的に何が良かったのか
・機械的でなく感情を出す
・人前で褒めると効果UP

修正するポイント

・具体的に何が悪かったかを明確にする
・感情的ではなく冷静に注意する
・新人社員の考えを必ず聞く
・人前は避けて注意する

修正内容を確認

改善点が明確になったら、新人社員の目線になって一緒に考えてあげましょう。

悪かった点を頭ごなしに否定して、命令口調で指示をしたところで新人社員の成長には繋がりません。

チェック!

改善点や課題を考察

実践

良い点悪い点を評価

改善点や課題を考察

実践


…(繰り返し)

上記をコツコツと繰り返す事で新人社員やあなたも含めて組織の成長へと繋がっていきます。

新人教育まとめ

新人社員教育は、企業の成長には欠かせません!あなた自身も知識を外に出す事(アウトプット)で自身の知識や技術の確認にもなります。

新人社員の成長と共に教育しながら自身の成長にもなりますので是非こういった機会が有りましたら積極的に行動してみましょう!

働き方

Posted by sakekasu