誰でも出来る!自由なお金を作る方法『生命保険編』

アイキャッチ

月末は毎月ギリギリ
自由に使えるお金がない!
でも副業する時間がない…

そんな方!必見です!
実は、今すぐ自由なお金を作る方法があります。

それは…『 節約 』なんです!

え?違うそうじゃない?
大丈夫です!
知っておいて絶対に損はさせませんので、少しだけお付き合いお願いします!

この記事からわかること!

(空き時間で出来る)お金の残し方

・ ノンストレスな節約

知ってるようで実は知らない豆知識でコツコツとお金を残しましょう!

お金の残し方

お金の残し方

節約をするにしても、日常のお金の流れを把握してないとできませんよね?
まずは固定費の見直しからしていくことをオススメします。
簡単な箇条書き程度でも構いませんので毎月の支出を書き出してみましょう!

一般的な固定費は以下の様になるのではないでしょうか?

  • 住宅費用( 家賃orローン )
  • 光熱費
  • 通信費( スマホ&Wi-Fi ) 
  • 生命保険
  • 車関連( ローン )
  • 車の保険 
  • お小遣い

今回は生命保険にピックアップしていきます。
それでは順に節約方法を見ていきましょう!

住宅費用の節約はこちら! ▶︎ 住宅費用編 ◀︎

光熱費の節約はこちら!  ▶︎ 光熱費編 ◀︎

スマホ代の節約はこちら! ▶︎ スマホ編 ◀︎

車関連の節約はこちら!   ▶︎ 車編 ◀︎

車の保険の節約はこちら! ▶︎ 車の保険編 ◀︎

お小遣いの節約はこちら! ▶︎ お小遣い編 ◀︎

保険とは

保険とは

もし家族が怪我をしたら…
病気で入院した時の治療費が…
老後の資金が不安

などといった『 万が一の場合 』を未然に考えて経済的に困らないようにすること。
保険の仕組みは意外と単純です。

チェック

多くの人で少しのお金を出し合って「 もしも 」が起こった人に集まったお金で経済的に助け合いをしましょう!

これが保険の考え方です。

次に保険の構成です。
構成は下記の様に成り立ちます。

チェック

『 保険 』 = ( 主契約 )+α( 特約 )

 特約のみでは成り立ちません!

主契約とは、文字通りに保険のメインとなります。
特約とは、主に追加料金を支払って保障内容も追加出来る『オプション』と考えて良いでしょう。

上記の通り、オプションだけの契約は出来ません。

生命保険とは

生命保険とは

『 人 』を対象にした保険です。

『 生命保険 』と一口に言っても様々で下記の様に保障内容の異なる多くの保険が存在しています。

・終身保険(一生涯の死亡保障)
・定期保険(払込期間のみの保障)
・養老保険(定期保険+払込満期で保険金有)
・医療保険(入院や手術で給付金)
・がん保険(ガンによる入院手術で給付金)
・介護保
険(要介護が継続した場合に給付金)

この様な言葉をTVのCMなどでも見かけたことがありますよね。
生命保険の主契約となるのが、上記の様になります。

▶︎ みんなの生命保険アドバイザーのお申込みプロモーション

生命保険の節約

保険の節約

生命保険も商品なので、年々種類が豊富になっています。
また保険を見直す事で節約はもちろんですが、今の生活状況に似合った保険に『最適化』させます。
歳を重ねると生活サイクルも変化します。
大きく変化するタイミングは…

・就職
・転職
・結婚 or 離婚
・出産
・マイホーム購入
・子供の独立
・定年退職後

上記が主に該当しますね!
つまり、歳を重ねる度に保険の『最適化』が必要なんです。

節約のポイント

節約のポイント

節約のポイントは、大きく分けて下記の3つです。

・保険に入るタイミング
・保障内容の選び方
・保険料の払い方

それでは、それぞれ解説していきます。

保険に入るタイミング

ここで気にする事は3つ。
・性別
・年齢
・健康診断の結果
特に、性別と年齢で保険料がとても大きく変化します。
歳が若いほど、死亡リスクは低くなりますよね?
生命保険は年齢が若ければ若いほど保険料も安くなります。

あとは健康診断の結果つまり…健康である事!
若いとはいえ、病気にならないと言うことはないです!
病気になってから保険に入る事は不可能…ではありませんが、条件に制限があったり、保険料が異常に高くなったりします。

保障内容の選び方

手厚い死亡保障の保険に入る場合
『 保険期間内であればいつ死亡しても死亡保険金は同じ金額 』
この様な、定期保険が一般的です。

『 定期保険 』とは、保障の対象者が亡くなった場合、もしくは所定の高度障害状態になった場合に保険金が支払われる死亡保険です。特徴は以下になります。

メリット

・保障期間を自分で設定可能
・保障期間が決まってるので、比較的に安価

デメリット

・基本的に保険料は掛け捨て
・期間が終了 or
途中解約でも、受け取れるお金は殆どない

万が一の時、
大事な家族の為に準備しなきゃ…

そんな時は、収入保障保険がオススメですね!

『 収入保障保険 』とは、保障の対象者が亡くなった場合…
給料のように決まった金額を毎月受け取ることができる死亡保険です。
受け取る総額は、契約直後に死亡した場合、受け取れる期間も長くなるので一番多くなります。継続して期間が進むにつれて、死亡後の期間も短くなっていくので必然的に受け取れる総額も少なくなります。

メリット

・受け取り総額(契約直後)を同じ保障の定期保険の価格と比較した場合、『 収入保障保険 』の方が断然割安になる!
・保険会社により『 健康優良体割引 』通常価格よりも更に割安になるケースがある!

※ 健康優良体割引とは…非喫煙者や健康状態が優良な場合の割引制度

デメリット

・長期的に保障を得られる保険なので、一気に経済的な負担が発生するイベントに対する備えには向かない

保険を決める時は、そのタイミングでの家族構成や、加入済の保険などによっても異なると思います。
各保険の特徴を理解して、もし加入した場合にどんなメリット・デメリットがあるのかをしっかりと考えましょう。

保険料の払い方

保険料のまとめ払いは節約術の定番ですよね!
まとめて払うと割り引きになりますので、まとめ払いをオススメします。
あとは、各保険会社によって対応が異なりますが、クレジットカード払いによるポイント還元率を狙う方法ですね!
そのポイントで、キャッシュバックされれば、その分、おトクということになります。
クレカでまとめて支払いにすれば、更におトクですよ。

▶︎ 全国各地で年間約1000回開催!スクロールマネーセミナー(参加無料)

生命保険の節約まとめ

保険の節約まとめ

いかがでしたか?
保険は使い方によって損することもあれば、特典にもなる事があります。
人によって『 今 』に似合った適切な保険のプランがありますので是非一度、保険のプロに相談されてもいいと思います。

▶︎ みんなの生命保険アドバイザーのお申込みプロモーション

節約

Posted by sakekasu